1. ホーム
  2. >
  3. 生殖医療領域
  4. >
  5. INFERTILITY Meet The Experts

INFERTILITY Meet The Experts

生殖医療領域の一覧に戻る

Pick Up Web Seminar

卵胞発育、排卵期における卵と顆粒膜細胞のミトコンドリア

島田 昌之先生(広島大学大学院生物兼化学研究科・陸域動物生産学講座 教授)

胞状卵胞から排卵前卵胞の過程の顆粒膜細胞のミトコンドリア、そして排卵過程の卵のミトコンドリアについての研究によりミトコンドリアが活性化し活性酸素の作用を受けないことで、卵胞が正しく発育しその後の排卵過程で卵成熟できることが示唆された。

タイムラプス培養と胚選択~当施設の経験より

加藤 恵一先生(加藤レディスクリニック 院長)

EmbryoScopeの特徴と利点を紹介し、実際の施設での胚連続観察のデータにより、EmbryoScopeを用いた胚発生の観察はより正確に胚の選択/非選択を行うことができ、妊娠成績の向上が期待できると考えられることが示唆された。新機種EmbryoScope Flexについてもコメントする。

採卵針は細いほうが良いのか

松山 毅彦先生(医療法人社団厚仁会 厚仁病院 産婦人科)

体外受精・胚移植の成績をあげるためには、採卵についても考慮する必要がある。採卵においてダメージの少ない良好な卵子を回収するために、また、患者さんにとっての痛みと出血の軽減のため最適な採卵針の太さ、吸引スピード、吸引圧について考察する。

ART 妊娠女性における安心な出産を目指して~日産婦大規模データから言えること~

齊藤 和毅先生(東京医科歯科大学大学院 茨城県小児周産期地域医療学講座)

国内ART出生児の80%以上は凍結胚移植周期によって誕生している。凍結胚移植は新鮮胚移植に比べて、胎児の周産期転帰では低出生体重児や早産の頻度が有意に低い結果が得られているが、母体の周産期転帰においては癒着胎盤や妊娠高血圧症の頻度が有意に高く、また、その頻度は自然周期移植に比べて、ホルモン補充周期で有意に高かった。今回は胎盤関連合併症のリスク因子の1つと考えられる黄体ホルモン剤の関与について課題提起する。

今、生殖補助医療における体外培養環境を考える

座長:沖津 摂先生(三宅医院 生殖医療センター 培養室長)
演者:見尾 保幸先生(ミオ・ファティリティ・クリニック 院長) 

ARTにおいて卵を体外で培養するということの臨床的メリット、さらにタイムラプスを使用することによって初期胚の発生状況を動的観察できるようになったため、対外培養で観察できる胚の状況について文献レビューや最新知見を解説する。

最適な不妊治療を考える会

子宮内腔病変と着床障害

栗林 靖 先生 (杉山産婦人科 丸の内 院長)

子宮内病変には、粘膜下筋腫、中隔子宮、子宮内腔癒着、子宮内膜ポリープなどがあり、着床障害の原因の1つと言われている。外来での子宮鏡検査でこれらの病変は発見されることが多い。ARTでET失敗例等には、着床改善のため子宮鏡下手術(TCR)が行われている。今回は、TCR後の着床改善について解説する。

プロゲステロン腟剤が我々にもたらしたもの - この5年で見えてきた効用と課題-

藤原 敏博 先生 (フェニックスアートクリニック 院長)

ART適応を有するプロゲステロン腟剤が日本で上市されて5年目を迎えた。患者の利便性や使用感の改善、胚移植日血中P4値に関する固定概念の打破等、様々な効用が確認された。一方、今後の課題としては、プロゲステロンの内膜脱落膜化メカニズムに基づく、反復着床不成功例に対する治療アプローチや、周産期合併症との関連について目を向けていく必要がある。

体外受精反復着床不全(RIF)症例に対する我々の取り組みとその対策

中川 浩次 先生 (医療法人社団 杉一会 杉山産婦人科 新宿)

反復着床不全(RIF)症例におけるリスク因子については、子宮因子、胚因子、免疫因子、胚受容期のずれ等が考えられている。今回、これらの中から、慢性子宮内膜炎、免疫学的拒絶に対する治療戦略及び臨床成績について紹介する。

LUTINUS実地臨床レポート

発砲性腟錠およびアプリケータが妊娠率に及ぼす影響

西 修 先生 (西ウイミンズクリニック 院長)

ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、発泡性腟錠の腟内での溶解吸収、および専用アプリケータによる腟奥への適切な投与は、子宮内膜へのP4移送性に優れ、着床環境の改善ならびに妊娠率の向上が期待できることが示唆された。