1. ホーム
  2. >
  3. 生殖医療領域
  4. >
  5. 総合製品情報概要
  6. >
  7. 卵巣過剰刺激症候群の分類

レコベル®皮下注ペン 卵巣過剰刺激症候群の分類

生殖医療領域の一覧に戻る

卵巣過剰刺激症候群の重症度分類について

頻用される卵巣過剰刺激症候群の重症度分類にはGolan分類1)及び日本産科婦人科学会の生殖・内分泌委員会が定めた分類2)があり、レコベルにおける臨床試験ではGolan分類を用いた。

卵巣過剰刺激症候群のGolan分類1)

軽度、中等度及び重度卵巣過剰刺激症候群の分類(Golan分類)

卵巣過剰刺激症候群のGolan分類 1)
Golan A. et al., Ovarian hyperstimulation syndrome: an update review, Obstet Gynecol Surv, 44, 6, 430-440.Wolters Kluwer Health, Inc. and its Societies take no responsibility for the accuracy of the translation from the published English original and are not liable for any errors which may occur.

日本産科婦人科学会のOHSS重症度分類2)

日本産科婦人科学会のOHSS重症度分類 2)

*左右いずれかの卵巣の最大径を示す。

**ひとつでも該当する所見があれば、より重症な方に分類する。

1)Golan A. et al.:Obstet Gynecol Surv. 1989:44(6);430-440.

2)生殖内分泌委員会報告 卵巣過剰刺激症候群の管理方針と防止のための留意事項:日産婦誌. 2009:61(5);1138-1145.