1. ホーム
  2. >
  3. 生殖医療領域
  4. >
  5. 在宅自己注射の手順と取り扱い

在宅自己注射の手順と取り扱い

生殖医療領域の一覧に戻る

レコベル®投与量計算方法

レコベルⓇ皮下注ペン12μg/36μg/72μg在宅自己注射の手順と取り扱い

レコベル®投与量計算サイト

レコベル®は患者個々のAMH値および体重をもとに1日投与量を設定します。薬剤処方時における投与量計算サポートツールはこちらからご覧ください。

レコベル®投与量計算サイトのご案内

レコベル®投与量計算サイトの使用方法について簡易説明資料をダウンロードいただけます。

レコベル®投与量換算表/必要なペンの規格と本数

レコベル®投与量計算方法について、下敷きで一覧表をダウンロードいただけます。

使用方法:動画

レコベル®皮下注ペン12μg/36μg/72μg
在宅自己注射の手順と取り扱い

レコベル®皮下注ペンの具体的な注射方法についてご覧いただけます。

レコベル®皮下注ペン12μg/36μg/72μg
在宅自己注射の手順・ペンの残量が不足している場合

レコベル®皮下注ペンの残量が不足して、1回投与量が注射できない場合の対処法をご覧いただけます。

使用方法:冊子

レコベル®皮下注ペンを使用される方へ
ー在宅自己注射説明書ー

医療機関から患者様に提供いただき、患者様自身でご覧いただく使用説明書です。

指導のポイント:座談会記録集

卵巣刺激法、黄体補充法をテーマに全国の代表的な先生方で討論いただいた記録集をご覧いただけます。

調節卵巣刺激に関する地域Web座談会

全国の複数施設から看護師が集まり、自己注射を患者指導する上で重要となるポイントや今後の期待について討論された記録集です。