ルティナス腟錠

製品概要

ホーム > 製品概要 > Q&A

Q&A

A:
有効成分であるプロゲステロンは、FDA薬剤胎児危険度分類においてカテゴリーB(人での危険性の証拠はない)に分類されており、ASRM(米国生殖医学会)1)では先天性異常のリスクを増加させることを示唆するエビデンスはないとコメントしています。
一部、妊娠初期の外因性プロゲステロンが尿道下裂のリスク上昇と関連することが示唆2)されていますが、アンドロゲン受容体へ結合するプロゲステロン類(合成型プロゲステロン)に限定される1)2)と考えられています。プロゲステロン投与事例で片側停留精巣や髄膜脊髄瘤がみられた報告がありますが、これら試験では対照群がなく薬剤との関連性が不明です。一般的に健康な妊婦からも3-4%程度3)の奇形は認められており、添付文書の「その他の注意」の項では本剤投与によって胎児性形成異常の報告や流産等の報告を記載しています。
  1. Practice Committee of American Society for Reproductive Medicine in collaboration with Society for Reproductive
    Endocrinology and Infertility, Fertil Steril.;2008;90:S150-S153.
  2. Elizur SE, et al., Fertil Steril.;2008;89:1595-1602.
  3. 平原史樹,臨床婦人科産科.2015;69:726-731.
A:
通常、1日2回投与の場合は、忘れたことが判明した段階で投与(次の投与まで2-3時間以内の場合は飛ばして投与)します。1日3回投与の場合は、忘れた分は飛ばして投与してください。なお、2回分を1度に投与しないでください。
「次の投与まで2-3時間以内の場合は飛ばして投与」としている理由は、腟内に溶けきれずに残っている可能性があるためです。
A:
妊娠が継続されなかった段階(着床できなかった症例や流産した症例)で、ルティナスの投与は中止します。妊娠が継続されている症例では、添付文書の用法用量では「最長10週間(妊娠12週まで)投与する」となっています。

妊娠7週目程度からプロゲステロンが胎盤で産生され始める4)5)ことから、米国生殖医学会の指針6)において妊娠7週目までの黄体補充は重要であると記載されており、妊娠7週未満でのプロゲステロン低下が流産を引き起こしたとの報告7)8)もあります。日本生殖医学会9)では新鮮胚移植は妊娠反応が陽性となる妊娠4週目まで、凍結胚移植では妊娠7週(あるいはその少し後)まで行うと記載されています。
実際は妊娠8-10週程度の投与の報告例が多く10-12)、新鮮胚移植よりも凍結胚移植で長い傾向12)があります。
妊娠10週目で黄体と胎盤のプロゲステロン分泌量が約1:1になること13)から、妊娠10週(本剤の投与期間として8週)までは投与を継続することが推奨されています。
  1. 玉舎輝彦, ペリネイタルケア.1997;16:161-167.
  2. Devroey P, et al., Am J Obstet Gynecol.1990;162:66-70.
  3. Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine, Fertil Steril.2008;89:789-792.
  4. Csapo AI, et al., Am J Obstet Gynecol.1973;115:759-765.
  5. Csapo AI, et al., Am J Obstet Gynecol.1972;112:1061-1067.
  6. 一般社団法人日本生殖医学会 編, 生殖医療の必修知識 311-316.廣川書店(2014)
  7. Vaisbuch E, et al., Reprod Biomed Online.2014;28:330-335.
  8. Russell R, et al., Hum Fertile(Camb).2015;18:43-47.
  9. 東口篤司, 日本IVF学会誌.2014;17:25-33.
  10. Nakajima ST, et al., Fertil Steril.1991;55:516-521.
A:
経腟製剤は薬剤ごとの製剤技術によって吸収効率が変わります。例えば、100mg製剤を経腟投与した場合、80%が吸収される製剤もあれば10%しか吸収されない製剤もあります。そのため、他剤の投与量100mgがルティナスの100mgと同じというわけではありません。使用していた用量にかかわらず、切り替え後の製剤は承認された用法用量にそって投与ください。
A:
腟剤にとって重要なのは全身の血中濃度ではなく子宮内膜組織濃度であると言えます。
腟剤は標的臓器である子宮の内膜組織のプロゲステロン濃度は高く、全身の血中プロゲステロン濃度は低いのが特徴です。プロゲステロンを経口投与または筋注投与した場合は、全身の血中プロゲステロン濃度は非常に高い値となりますが、着床前の子宮内膜組織の環境を整える作用は、経腟投与時が最も安定した作用を示すことが報告されています。また、国内からは血中プロゲステロン濃度が低い値である場合も高い値である場合も、妊娠率に関係は認めなかったとする報告が多数発表されています14)15)
  1. 東口篤司 他, 日本受精着床学会雑誌.2015; 32:77-81.
  2. 加藤裕之 他, 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会 プログラム・講演抄録集.2015;281.
A:
投与直後に原形を保ったまま漏れていた場合は吸収されていませんので、再投与の是非を検討ください。
プロゲステロンは脂溶性で分子量も小さく、ルティナスは発泡性の錠剤で崩壊・吸収も早いため、おりものに白い粉状が混ざっている程度や、投与後2時間経っている場合には、腟からほぼ吸収されていると考えています。
白い粉状の成分は添加物「部分アルファー化デンプン」の可能性が高いと考えています。
A:
ルティナスは「生殖補助医療(ART)」において使用する薬剤であり、高度な生殖補助医療のため保険治療の適用外となります。