1. ホーム
  2. >
  3. 生殖医療領域
  4. >
  5. 学会共催セミナー/講演会記録集
  6. >
  7. プロゲステロンが作りだす着床期の免疫寛容状態

学会共催セミナー/講演会記録集

生殖医療領域の一覧に戻る

プロゲステロンが作りだす着床期の免疫寛容状態

動画が正常に表示・再生されない場合は、"ページの再読み込み"を実施してください。

黄木 詩麗 先生 (矢内原ウィメンズクリニック 院長)

受精卵が免疫学的に母体に拒絶されないようにするためには、主に拒絶反応の抑制と免疫寛容の誘導が重要である。プロゲステロンは、①未熟な樹状細胞から寛容系樹状細胞への分化およびナイーブT細胞から制御性T細胞への分化促進、②コルチゾンからコルチゾールへの変換を促進し、コルチゾールとMRの結合によるレチノイン酸代謝経路を介したナイーブT細胞からTh2への分化促進、それに伴うTh1/Th2比の低下によって免疫寛容に働き、受精卵の着床環境を整えている。

2019.09(417)

※関連製品の添付文書は、こちらをご参照ください。

1) ルティナス®腟錠 100mg(PDFファイル832KB)

おすすめコンテンツ

※ご視聴になるには新規会員登録 / ログインが必要です。

Why do you choose

Why do you choose "Natural progesterone?"

東口 篤司 先生 (札幌エンドメトリウムリサーチ)

米国生殖医学会(ASRM)およびFDAは胎児に及ぼす安全性の観点から、ARTの妊娠初期において使用される黄体ホルモン剤について勧告を出している。我が国では海外と異なり合成黄体ホルモン経口剤の使用頻度が高い。今回は妊娠判定日までの合成黄体ホルモン経口剤の使用についても薬理学的特性を踏まえ、念頭に置いておくべきポイントを概説する。

卵胞発育、排卵期における卵と顆粒膜細胞のミトコンドリア

卵胞発育、排卵期における卵と顆粒膜細胞のミトコンドリア

島田 昌之 先生 (広島大学大学院生物兼化学研究科・陸域動物生産学講座 教授)

胞状卵胞から排卵前卵胞の過程の顆粒膜細胞のミトコンドリア、そして排卵過程の卵のミトコンドリアについての研究によりミトコンドリアが活性化し活性酸素の作用を受けないことで、卵胞が正しく発育しその後の排卵過程で卵成熟できることが示唆された。

Why do you choose

Why do you choose "Natural progesterone?"

黒田 恵司 先生 (杉山産婦人科新宿 難治性不妊診療部長 内視鏡診療部長)

各々の黄体ホルモン剤のステロイド受容体親和性の違いは、胚着床のための子宮内膜脱落膜化プロセスに影響を及ぼすことが自身の研究において明らかとなった。プロゲステロン投与による至適な子宮内膜脱落膜化や免疫寛容は、至適な胎盤形成および安全な出産につながることが考えられる。

慢性子宮内膜炎とプロゲステロン抵抗性

慢性子宮内膜炎とプロゲステロン抵抗性

北宅 弘太郎 先生 (リプロダクションクリニック大阪 院長)

子宮鏡による慢性子宮内膜炎(CE)の診断について最新の国際定義案が報告された。CEは内膜に浸潤する内膜間質形質細胞の存在を特徴とする局所性・感染性の炎症疾患であるが、子宮内膜プロゲステロン抵抗性(EPR)とも関連があることが報告されている。CE患者の内膜は分泌期でも増殖型を呈し、細胞増殖関連遺伝子やアポトーシス抑制遺伝子の発現が亢進状態にあり、脱落膜化マーカーは発現抑制状態にある。本講演ではCEとEPRとの関連についてレビューする。