1. ホーム
  2. >
  3. リプロダクティブ・ヘルス
  4. >
  5. 学会・セミナー記録集
  6. >
  7. Window of implantationは解明できたのか?〜子宮内膜日付診/Pinopodes/NCS/ERAを考察する〜

学会・セミナー記録集

リプロダクティブ・ヘルス 一覧に戻る

Window of implantationは解明できたのか?〜子宮内膜日付診/Pinopodes/NCS/ERAを考察する〜

動画が正常に表示・再生されない場合は、"ページの再読み込み"を実施してください。

東口 篤司 先生 (札幌エンドメトリウムリサーチ)

ヒトのWOI(Window of implantation:着床の窓)については完全ではないが解明されつつある。子宮内膜日付診、Pinopodes、Nucleolar channel system(NCS)、Endometrial receptivity array(ERA)等を用いた検討が報告されてきたが、これらがWOIの指標となり得るのかについて考察する。

2018.09(121)

※関連製品の添付文書は、こちらをご参照ください。

1) ルティナス®腟錠 100mg(PDFファイル832KB)

おすすめコンテンツ

※ご視聴になるには新規会員登録 / ログインが必要です。

体外受精反復着床不全(RIF)症例に対する我々の取り組みとその対策

体外受精反復着床不全(RIF)症例に対する我々の取り組みとその対策

中川 浩次 先生 (医療法人社団 杉一会 杉山産婦人科 新宿)

反復着床不全(RIF)症例におけるリスク因子については、子宮因子、胚因子、免疫因子、胚受容期のずれ等が考えられている。今回、これらの中から、慢性子宮内膜炎、免疫学的拒絶に対する治療戦略及び臨床成績について紹介する。

子宮内膜脱落膜化と着床・妊娠維持における天然型プロゲステロンの役割

子宮内膜脱落膜化と着床・妊娠維持における天然型プロゲステロンの役割

黒田 恵司 先生 (順天堂大学 産婦人科 准教授)

プロゲステロン製剤と合成黄体ホルモン剤の子宮内膜脱落膜化、及び妊娠維持に及ぼす影響を基礎的観点(ステロイド受容体に対する各黄体ホルモン剤の親和性)からメカニズムの違いを紹介する。

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー天然型プロゲステロン腟剤への変更は是か非か?ー

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー天然型プロゲステロン腟剤への変更は是か非か?ー

香川 珠紀 先生 (窪谷産婦人科 IVFクリニック 院長)

ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、クロルマジノン経口錠とルティナス®腟錠の単剤投与の妊娠率を各々検討した。今後の標準的治療薬は、胎児に対する安全性を考慮すると、天然型プロゲステロン腟錠を選択することが望ましいと考えられる。(日本受精着床学会雑誌. 2018; 35(1) :112-115)ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、クロルマジノン経口錠とルティナス®腟錠の単剤投与の妊娠率を各々検討した。今後の標準的治療薬は、胎児に対する安全性を考慮すると、天然型プロゲステロン腟錠を選択することが望ましいと考えられる。(日本受精着床学会雑誌. 2018; 35(1) :112-115)

着床・妊娠維持のためにプロゲステロン補充を強化する意義はあるのか?

着床・妊娠維持のためにプロゲステロン補充を強化する意義はあるのか?

蔵元 武志 先生 (蔵元ウイメンズクリニック)

P4腟剤を用いたHR-FETの代表的Questionと考えられる ①胚移植日の血中P4値と妊娠率、生児獲得率との関係 ②妊娠継続例と流産例の妊娠初期の血中P4値推移の違い ③P4腟剤の標準用量投与と高用量投与で臨床成績の違いについて当院の検討をもとに考察する。