1. ホーム
  2. >
  3. リプロダクティブ・ヘルス
  4. >
  5. INFERTILITY Meet The Experts
  6. >
  7. ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー黄体補充法の標準的アプローチは2剤併用か単剤か?ー

INFERTILITY Meet The Experts

リプロダクティブ・ヘルス 一覧に戻る

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー黄体補充法の標準的アプローチは2剤併用か単剤か?ー

動画が正常に表示・再生されない場合は、"ページの再読み込み"を実施してください。

伊藤 知華子 先生 (成田育成会セントソフィアクリニック婦人科 院長)

近年、ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、プロゲステロン腟剤の単独投与を標準的に行う機会が増加しているが、他の投与ルートによる2剤併用投与の必要性については十分な報告は出ていない。今回、標準的治療アプローチについて考察を行った。

2018.09(121)

※関連製品の添付文書は、こちらをご参照ください。

1) ルティナス®腟錠 100mg(PDFファイル832KB)

おすすめコンテンツ

※ご視聴になるには新規会員登録 / ログインが必要です。

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー天然型プロゲステロン腟剤への変更は是か非か?ー

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー天然型プロゲステロン腟剤への変更は是か非か?ー

香川 珠紀 先生 (窪谷産婦人科 IVFクリニック 院長)

ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、クロルマジノン経口錠とルティナス®腟錠の単剤投与の妊娠率を各々検討した。今後の標準的治療薬は、胎児に対する安全性を考慮すると、天然型プロゲステロン腟錠を選択することが望ましいと考えられる。(日本受精着床学会雑誌. 2018; 35(1) :112-115)ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、クロルマジノン経口錠とルティナス®腟錠の単剤投与の妊娠率を各々検討した。今後の標準的治療薬は、胎児に対する安全性を考慮すると、天然型プロゲステロン腟錠を選択することが望ましいと考えられる。(日本受精着床学会雑誌. 2018; 35(1) :112-115)

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー胚移植血中プロゲステロン値10ng/mlを指標とする包帯補充療法変更の臨床的意義ー

ホルモン補充周期凍結融解胚移植ー胚移植血中プロゲステロン値10ng/mlを指標とする包帯補充療法変更の臨床的意義ー

鈴木 達也 先生 (自治医科大学附属病院 生殖医学センター准教授)

ホルモン補充周期凍結融解胚移植の胚移植日血中P4値に応じて黄体補充法を強化する必要性については十分な報告は出ていない。今回、胚移植日血中P4値を指標とした黄体補充法の変更に関する臨床的意義について考察を行った。

発砲性腟錠およびアプリケータが妊娠率に及ぼす影響

発砲性腟錠およびアプリケータが妊娠率に及ぼす影響

西 修 先生 (西ウイミンズクリニック 院長)

ホルモン補充周期凍結融解胚移植において、発泡性腟錠の腟内での溶解吸収、および専用アプリケータによる腟奥への適切な投与は、子宮内膜へのP4移送性に優れ、着床環境の改善ならびに妊娠率の向上が期待できることが示唆された。

低刺激周期IVFの最適な黄体補充〜当院の治療を中心に〜

低刺激周期IVFの最適な黄体補充〜当院の治療を中心に〜

瀬川 智也 先生 (新橋夢クリニック 院長)

自然排卵周期-FETの妊娠7-10週での流産周期を対象に染色体異常率(絨毛染色体検査)を調査した。初期流産周期(<妊娠7週)の染色体正常率は、それ以降の流産周期に比べ高値であった。今回、胚移植後の内因性P4分泌に着目し、AMH値、胚移植後βhCG値、黄体補充法との関係について検討を行った。